株式会社ビズウインド
メインイメージ
新型コロナウイルス感染対策企業

世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルス(SARS-CoV2)。
2020年4月7日には首相による緊急事態が宣言されました。
そんな中、アジア経営者連合会の会員企業も、国の方針に協力すべく様々な取り組みをしています。

株式会社ビズウインド
事業内容:当社はお客様のビジネスを支援すべく、お客様の要件を引き出し、システムを開発・保守・運用までを行っております。 レンタル、サービス、物流、製造業はじめ幅広く業務システムを構築、またECサイトやBtoCのプラットフォーム・自社サービス構築にも多々ご協力させていただいています。 昨今では、CRM,SFA,マーケティングといった分野について、Microsoft Dynamicsの導入、また、Microsft Office 365 Teams導入、チャットボットのご提供などコロナ禍に合わせた企業システムのご支援も行っております。 IotプラットフォームとしてもMicrosftは優れています。 その他、マニラでのオフショア開発、保育園様向けの業務支援クラウドサービスを展開しております。 http://mren.jp https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/what-is-dynamics365/
代表取締役   倉持 孝士
東京都千代田区神田美土代町9-17 日宝神田淡路町ビル4階
TEL 03-5577-3955
公式サイト:http://www.bizwind.co.jp
他の経営者様へのメッセージ
生まれてから、今回のコロナ禍、色々体験させて頂いています。これも修行と割り切り頑張っていく所存です。 皆さんと共に!
[貴社が取られているテレワーク対策]
Microsoft Teams 、Ms Projectを利用。 何をいつまでに、誰が行っているのかが見えなくなることが多く、業務の可視化と計画ツールとしてMS Projectを利用しました。 SFAの導入もそうですね。営業のタスクを可視化し、今迄課長が行ってきた課員への行動催促などを自動的にすることで管理職の負担軽減を行いました。 営業スタイルも、PUSHだけでなく、MS Marketingを導入しWebサイトからのリードを逃さないような仕組みに変更しています。
[貴社が利用した(する予定の)助成金など]
テレワーク助成金
[緊急事態宣言下で有効な自社サービス]
・顧客管理としての、Microsft Dynamics CRM SFA Marketing 導入  名刺管理から営業プロセス、顧客管理までをクラウド化し、適切な営業機会を逃さない改革が可能です。 ・顧客支援、または社内ナレッジ共有のためのAIチャットボット導入  お客様へのサポート、社内総務業務などの社員様からの問い合わせ、ナレッジ共有等、使い方はアイデア次第ですが、簡易的にどこでも使える最強のアイテムです。 ・社内情報資産、コミュニケーション構築のための、Microsft365 Teams導入  TeamsはZoomと比較されがちですが、実は全然異なります。スケジュール管理やファイル管理、チームを構成しその中で情報を共有するチャット。そしてSharePointによるワークフローなど様々な業務改革を行うことできます。

ご入会のご案内|一般社団法人 アジア経営者連合会

©2021 Asia Leaders Association All Rights Reserved.