活動報告

2016年12月20日(火)

【東京】アジア医療介護委員会

 

 12月15日に第4回目となるアジア医療介護委員会を開催しました。

 今回のテーマは「アセアン主要各国における医療体制の現状とあらゆる事業の可能性について」。  

 すでにベトナムのホーチミンにある診療所へ投資をし、現地法人による運営支援を始めている

副委員長のホワイトボックス株式会社石井社長より、ご自身がアセアン10ヵ国すべてをまわっ

た経験を交え、「すでに日本の病院と遜色のない、あるいは日本を凌ぐ医療を展開している国や

地域もあれば、医療においてはまだ発展途上にある国など、国ごとに事情が違う」という話しや、

「医療は不動産から建設、IT、教育や人材採用などあらゆる分野が集約された産業であり、

周辺産業として理美容やフィットネスといった裾野を広げていける可能性がある」などといっ

た考えが披露されました。

 

 また副委員長の(株)高齢者住宅新聞社の網谷社長からは、中国ハルピンで進められている

CCRC(Continuing Care Retirement Community: 高齢者が健康なうちに入居し、終身で過ご

すことが可能な生活共同体)を視察したことなど、直近の情報に関するお話しがありました。

 

 今回は投資会社や建築、フィットネス関係や医療コンサルティングといった幅広い分野の方々

にご参加いただき、懇親会でも異業種が交わりアジアへの展開について明るくしかし熱く語られ

る、可能性が感じられた会となりました。

 

 (副委員長補佐 ホワイトボックス株式会社 阿部 勇司)

ホワイトボックス株式会社石井社長
異業種が交わりアジアへの展開について熱く語られました

ご入会のご案内|一般社団法人 アジア経営者連合会

©2021 Asia Leaders Association All Rights Reserved.