活動報告

2015年07月17日(金)

7月度 関西ビジネス交流委員会

7月は、外食企業の進出が最も盛んなタイをメインに、アセアン各国への進出方

法をテーマに開催致しました。

台風通過直後の荒天にもかかわらず20名を超えるご参加をいただきました

 

◆第1部:ゲストプレゼンテーション

 

『 東南アジア6億人のマーケットを掴め 』

 

株式会社epoc 取締役副社長 吉田 孝敬 氏

 

年々減少している日本の外食産業の市場規模や若年人口の減少など、国内の外

食企業を取り巻く環境は厳しさを増していく中、海外進出というテーマはどの

企業も経営課題として捉えている反面、海外へ進出し、成功を収めている企業

は日本の外食企業ではまだ多くありません。これには言葉や商習慣の違いなど、

様々な理由が考えられています。

こういった点を踏まえ、月の半分以上をタイで過ごしている吉田氏ならではの

観点から、タイの経済概況の向こう側に見える現地中間層の気質、商業施設の

トレンドについてご解説いただきました。

「もはやタイは後進国ではない」と繰り返す吉田氏に、参加者もタイに対する

関心がこれまでよりも高まった様子でした。

 

◆第2部:3min.プレゼンテーション

 

参加メンバーの取り組みを3分間程度でご披露いただきました。

 

・弁護士法人ボストン法律経済研究所  事務局長 中井 正輝 氏

・株式会社Get-Group COO 小瀬戸 健一 氏

・有限会社福田システムサービス 代表 福田 倫之 氏

 

次回は関西のビジネスコミュニティ「創~tsukuru~」と交流会です

 

事務局:馬渕

 

荒天の中、東京より駆けつけていただいた吉田副社長
荒天にも関わらず大きな遅延もない開催となったことに皆さんの関心度が伺えます
タイの政治事情に絡んだウラ話に驚く皆さん
外は大雨でも懇親会会場はエネルギッシュでした!

ご入会のご案内|一般社団法人 アジア経営者連合会

©2020 Asia Leaders Association All Rights Reserved.