活動報告

2014年10月30日(木)

第10回 アジア法律研究委員会

例会前のプレイベントのひとつとして「アジア法律研究委員会」の10回目を開催しました。



Ⅰ ここがポイント!アセアン諸国における労務管理の勘所~日本法との比較の観点から~



以下の内容でシンガポールを中心にアセアン諸国の労働法制・労務問題を概観し、それぞれの労務管理の

ポイントについて解説しました。



1.日本企業における典型的な労務問題

2.アセアン諸国における労働法制

(1)総論

(2)各論

3.アセアン諸国における労務管理実務上の課題

(1)雇用開始の場面

(2)雇用中の場面

(3)雇用終了の場面



講師 TMI総合法律事務所 弁護士 下野 健



Ⅱ 所感

アジア展開する上で現地の労務管理は大変重要ですが、アセアン各国においてその法規制は大きく異なります。

また、法制度と運用が一致していなかったり、信頼できる現地の弁護士が少ないという問題もあり、

参加者の皆さんも困っておられるようでした。

実体験に基づく質問も多数出て、積極的な意見交換がなされました。



難しい法律論ではなく、ビジネスに直結した情報をご提供するとともに、個別のご相談にも応じています。



次回は2月ごろに開催したいと考えています。テーマは募集中です。



委員長:淵邊 善彦 (TMI総合法律事務所 弁護士)

講師の下野弁護士

ご入会のご案内|一般社団法人 アジア経営者連合会

©2021 Asia Leaders Association All Rights Reserved.